佐藤仁重 快晴堂フォトサロン BLOG

丸の内写真教室 / 女性だけの写真教室 / 東京写真倶楽部 / わいわい写真教室

ラオスの旅報告

朝6時に家を出て、午前8時成田発、ベトナム・ハノイ経由して午後6時、
乗継ぎの時間があるのでなんと12時間もかかってビエンチャンにたどり着きました。

夕方ホテルにチェックインしてその足でレストランへ
初めてのラオス料理、お野菜スープに野菜炒め、野菜たっぷり、
なかなか美味しい‼︎ヘルシーラオス料理・・・気に入りました。

2日目ウィエンチャン早朝5時、街灯が少なく街は暗いし、人もいないな〜
暑い国なのでもっと皆さん早起きなのかなと思ったけれど
ラオスの人はあまり働き者ではないみたいです。

遠くに20人足早に僧侶が歩いています。托鉢だ!!と追いかけるが
早過ぎて付いてゆけな~い。あらら・・・角を曲がって消えて行きました。

小さな寺院に入ると、ちょうど托鉢から戻った僧侶達が
目の前で頂き物??を食べているのどかな光景が展開される。

托鉢の中身は御飯、おかず、お菓子、お布施などいろいろ山のよう。
托鉢で貰ったものを仲間の僧侶たちと仲良く分け合って食べていました。
もちろんそばにいる猫たちにもお裾分け、皆、優しいんですね。
ラオス NDF_1630
その猫ちゃんがいいお顔しているのです。きっとしあわせなんですね。
三脚の足元に寄ってきてスリスリ、私にまでおねだりしてきます。

朝食後ヴィエンチャン市内観光の後、ルアンナムターへ飛行機で移動。
ルアンナムターでは、ホテルの目の前が大きな市場なので早速撮影に繰り出す。
ギョッ‼︎ カエル、リス、ナマズ、奇妙なものが並んでいる。
夜のレストランでは民族衣装の素敵なショーを見る。
ラオス NDF_1504
バリやタイなどの影響が濃い衣装と踊りでした。

3日目ルアンナムター、早朝撮影はまた市場、夕方より朝の方が品物も人も多く活気がある。
市場で働いている女性が多いこと、ラオスは女性の力絶大です。
ラオス NDF_5405
午後はバスで少数民族の村へ、まずは子供たちのかわいい歓迎を受ける。
少子化の日本と違い次々家から子供が飛び出してくる。
子供の数が多くてお土産のキャンディーがあっという間になくなる。
西瓜の収穫時期であつたので大人たちは農作業に忙しく少数民族の村人は少数民族??

午後ムアンシンへ、舗装されていない道が延々と続く。
道はガタガタ、疲れて腰もガタガタ、夜はマッサージして身体をいたわる。
ゲストハウスに宿泊。クーラーなし。壁はあるもののシャワーはなんと屋外。

4日目ムアンシン、朝4時半ニワトリの鳴き声で目が覚める。
あっちでもこっちでも鳴いているので ゆっくり寝ていられないけど
何だがいいなあ〜この感じ‼︎

ムアンシン早朝撮影は朝市、新鮮な野菜や果物、日用雑貨、活気があってたくさんの人で溢れていた。
ラオス NDF_3649
朝8時30分ホテルを出発して少数民族の村を幾つか周り、
ルアンパバーンへバスで向かうが、
半端じゃないガタガタ道。身体が20センチ以上も飛び上がる。
それも何度も…前後左右上下揺れるたびに車内に悲鳴が響く。
その上、途中工事で30分以上足止めを食う。
なんとルアンパバーンまでなんと15時間走り続けました。
ぐったり身体中がガタガタになりました。

午前0時30分やつとホテルに着いたと思ったら…ハプニング‼︎
ホテルののエントランスが夜中は真っ暗なので、池に気づかず
生徒さんがホテルの池にドボンと落ちてしまいました。
身体もカメラもずぶ濡れになりましたが怪我がなくて幸いでした。

ベットに入れば凄い雨音と雷でなかなか眠れない。
屋根はあるけど天井がないのでお部屋中に雨音が響き渡り凄い音でした。
いろいろなことが起こるので忘れられない旅になりました。

5日目ルアンババーン早朝は托鉢の撮影。
ラオス NDF_5089
托鉢は夜明けの時間帯に行われるので周りは微妙に暗い
ラオス NDF_4207
朝食後は世界遺産の街ルアンババーンにある寺院などを探索する。
ラオス NDF_4102
ラオス仏像のお顔は、表情がちょっとタレ目で個性的。

6日目ルアンババーン再度場所を変え托鉢の撮影。
地元の信者さんたちの集まる場所を探して撮影。
朝市・夜市どちらも盛況で今まで行った街の中で一番品揃えがいい。

夜行便で7日目日本へ帰国。あ~疲れました。


スポンサーサイト
  1. 2014/04/05(土) 10:53:18|
  2. 佐藤仁重:更新
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご褒美もらっちゃいました!! | ホーム | 女性だけの写真教室募集!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kaiseido.blog5.fc2.com/tb.php/1185-79dc567e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤仁重&STAFF

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード